FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

2015年4月に観た映画

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:8本
観た鑑賞時間:962分

青い春 [DVD]青い春 [DVD]
☆5幼馴染の九條(松田龍平)と青木(新井浩文)たちは、いつも屋上でつるんでは鉄柵の外に立って手を叩くゲームで競いあっていたが、いつしか変わり始め…。不良版「桐島」。学校という狭い世界が全てで、いつまでも変わらずにいたかっただけなのにね。他者と自己の違い、自分の限界や器を否応なく思い知らされる残酷さ、ふり切れたもろさ…。私の年代でも、この映画を見るとひりひりしてしまう。松田龍平の色気とカリスマ性、何と言っても青木ちゃん(新井浩文)の可愛らしさと切なさに痺れてしまった。新井くん、当時からカメレオン俳優だね。
鑑賞日:04月30日 監督:豊田利晃
黄金を抱いて翔べ  コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]黄金を抱いて翔べ コレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定版) [DVD]
☆4 裏社会の調達屋幸田(妻夫木聡)と5人の男たちは銀行の金庫から240億円相当の金塊を強奪する計画を立てるのだが…。井筒監督らしい男臭い作品。浅野忠信と桐谷健太がよかった。あと、チンピラ役の青木崇高が普段と違ったかなりギラギラした役でびっくりしたし、ハマりすぎててツボだった。それから西田敏行の哀愁ある演技もさすが。計画段階ではちょっと中だるみも感じたけど、実行のところからは見入ってしまった。最後はただのハッピーエンドではないところもいい。
鑑賞日:04月29日 監督:井筒和幸
寄生獣 完結編寄生獣 完結編
☆5 原作未読。圧巻。一気見。それぞれの役者さんが本当に良かった。どの役者さんも適役だが、染谷将太、深津絵里なくしてこの映画はない。…なので田宮のパートをもっと厚くしても良かったかな。それから個人的には浦上役の新井くん、三白眼ゆえの演技?すごく似合っていた。
鑑賞日:04月27日 監督:山崎貴
ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
☆5 1960年代に一世を風靡した「ザ・フォーシーズンズ」の物語。ニュージャージーの貧しい街から出てきた4人はどんどんスターダムにのし上がっていくのだが…。60年代の洋楽を全く知らなくても、知っている曲ばかりだった。ありきたりな感想ではあるが、栄光の影に、人知れず、失ったものや背負ってきたものがあったのだな。ましてや、浮き沈みの激しい華やかな世界での仕事ならなおさら…。仕事のために大切なものを失ったり、また辛い時に仕事に助けられたり…不思議だなあ。グランドフィナーレも素敵。
鑑賞日:04月26日 監督:クリント・イーストウッド
寄生獣 DVD 通常版寄生獣 DVD 通常版
☆4 TVにて再観賞。東出くん演ずる島田、新一とAの最後の闘い、深津絵里の不気味さ、人間から寄生獣が混ざってしまった後の染谷くん…TVなのでグロ抑え目でしたが、やはり見応え十分。
鑑賞日:04月24日 監督:山崎 貴
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ (通常版) [DVD]相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ (通常版) [DVD]
☆3.5TVにて。太平洋の孤島で起きた死亡事故。その島では元自衛隊員たちが民兵として共同生活を送っていた。特命係の2人は事故の調査を名目に島に入り込むのだが…。ストーリーとしては大掛かりな割にありきたり。やはり劇場で見るほどではないと思ってしまう。こんな時に、一徳さんがいたらな。吉田茂が自衛隊について「君たちが日陰者である方が国民や日本は幸せなのだ」と言った言葉をを思い出していた。最後の神室(伊原剛志)の言葉は至極まっとうで、考えさせられる。
鑑賞日:04月19日 監督:和泉聖治
優雅な世界 [DVD]優雅な世界 [DVD]
☆4.5 中年ヤクザのイング(ソン・ガンホ)は、家に帰ればうだつの上がらないマイホームパパで、思春期の娘からは疎ましがられている。ある日、家族のために足を洗おうと決意するのだが…。ソン・ガンホ作品に外れなし。職業がヤクザなだけで、家族を思う気持ちは人一倍なのにね。どんどん空回りしてしまう。でもこの人が演じると哀愁たっぷりで、どこかコメディーになるから不思議だな。特にラストシーンは大好き。「優雅な世界」に住む家族のためにお父さんは今日も頑張ります。ヤクザ映画でこんなに癒された作品は初めてかも。
鑑賞日:04月06日 監督:
KT [DVD]KT [DVD]
☆4 1973年に起きた「金大中拉致事件」を映画化。私にとって金大中氏は「元大統領」というイメージしかなかったので、まさか40数年前の日本でこんなことがあったのとは。よく大統領まで登りつめたな。主人公が望んでいたのは「三島事件」で果たせなかったことへのリベンジなのかな。吉田茂の「君たちが日陰者である方が国民や日本は幸せなのだ」の言葉は感慨深い。個人的には原田芳雄さんが相変わらずヒット。鑑賞するのにかなりエネルギーを要する映画だったけど、サスペンスとしても面白かったし見て良かった。原作も読んでみたい。
鑑賞日:04月04日 監督:阪本順治

鑑賞メーター

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます♪
良かったら、ぽちっと押して帰ってくださいね(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
2015-05-06(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Para

Author:Para
◆障害者の就労支援をしているアラフォー脳性麻痺者
ADHD傾向強めで映画と音楽が大好物

◆2013年11月に都営住宅に入居

マイペースにぼちぼちつぶやいています。
どうぞよろしくおねがいします。

最新トラックバック
よかったらフォローしてくださいね
クリック募金をどうぞ
クリックで救える命がある。
もうこんな時間だよ~
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。